孤高の妖狐のVixenLife

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【TERA】Lv1 黎明の島で~Lv29 新たな陰謀

ストーリーのネタバレを含むので折りたたんでいます
公式サイトの<不完全な勝利、そして・・・>以降の内容になります

ある日、ヴェリカの西に黎明の島と呼ばれる島が浮上します
そこには、アルボレアの創造主である太古神の大いなる遺産が眠っていると言われていました
ヴォルキオン連合は英雄エルリオン・クベルを中心とする遠征隊を派遣します
しかし、モンスターに襲われ遠征は失敗に終わりました
ヴォルキオン連合は再び遠征隊を派遣します
主人公も遠征隊のうちの一人であり、物語は黎明の島に到着したところから始まります

ミッション/アルボレア入門
黎明の島にたどり着いた主人公はモンスターの討伐を依頼されます
報告後にリアン・クベル(エルリオン・クベルの弟)に会いに行った主人公は黒い裂け目での邪悪な気の存在を知らされます
それは古代の悪神が現れる時と似ていました

ミッション/黒い裂け目へ
黒い裂け目を調査した結果、悪魔の儀式と関係してることが判明しました
ボスのカラスチャを倒すと手紙を持っており、エルリオン・クベルを探していると書かれていました
これで主人公の黎明の島での任務は終わりです

ミッション/ヴァルキオンの招集
ヴァルキオン連合の拠点であるヴェリカへ行った主人公は、ヴェリカ司令官であるサマエル・クランウッドによって正式にヴァルキオン連合の一員となります
最初の任務として、サマエルは主人公に伐採の村での任務を言い渡します
その村周辺ではデヴァと呼ばれる部族による襲撃が絶えず苦しい目にあってました

ミッション/邪教徒の陰謀
主人公は村での任務をこなしてるうちに、デヴァの後ろにはある教徒の影があることを発見します
その教徒はロック教徒と呼ばれるものたちでした
主人公はさらに任務をこなしていきます
そして、主人公はロック教徒への武器搬入経路を発見します
主人公はほかの冒険者とともにこの武器搬入経路をたどり、ロック教徒の秘密基地を発見、コレを破壊します
そして主人公はヴェリカへと一時帰還し、すばらしい褒美をさずかるのでした

ミッション/狂気の伝染病
後日、サマエルは再び主人公にある任務を言い渡します
それはとある村からの救援要請でした
ポポリオン領にあるとある村で救援要請を受けた主人公はその村での任務をこなしていきます
その任務を遂行してる最中に謎の放浪者シャネーラと出会います
そして主人公とシャネーラは今回の騒動がとある魔石によって発生したことを突き止め、その原因を排除します
調査の結果この魔石は自然にできたのではなく人の手で創られたことがわかります
再びシャネーラと合流し、丘の上にあるヴァンピール屋敷でその魔石が生成されてることを突き止め、そこに向かいます
そこで待ち受けていたのはロック教徒の幹部とその幹部が生み出した怪物、ベルベロスでした
激戦の末、主人公はベルベロスを討伐しましたが、幹部は魔法でそこから離脱してしまいました
その後、主人公はシャネーラと別れて村に戻りヴァルキオン軍の軍人に報告しますが、主人公一人では無理だと言ってきて協力者がいなかったかと聞いてきます。
しかし、主人公はシャネーラと別れる際にシャネーラより自分のことは隠してくれと頼まれていました
そのため、主人公は一人でやったと言いますが、軍人がシャネーラの痕跡を発見します、また、軍人はシャネーラは指名手配されている人物だと言って、すぐ連れてくるよう主人公に言います
主人公はシャネーラを探します
そしてシャネーラを見つけますが、逃げられてしまいます
主人公が逃がしてしまったと軍人は激怒しヴェリカに戻りサマエルに報告するように言います

ミッション/隠された脅威~Lv31 特務隊の陰謀
サマエルは戻ってきた主人公にぐちぐち言ってきますが、結果的にポポリたちが感謝してると手紙を送っていたので除隊にはなりませんでした。
その後、シベルから話があるといわれ、彼女の元に行きヴェリック神殿に連れて行かれます
そしてヴェリックよりこれまでの出来事はヴァルキオン連合の内側、自分たちの味方の誰かが起こしたようだと主人公に啓示します
主人公は再びサマエルに呼ばれ、新たな任務をもらいます
その内容はとある坑道にてロック教徒の幹部らしき人物が目撃され、またその坑道でおぞましいことを行ってるのでそれを阻止せよという内容でした
主人公は現場へ急行し、坑道内のモンスターたちを殲滅しながら進んでいるとあちらこちらに奴隷らしき人たちを発見し、これも救出していきます
坑道の最深部に来た主人公は次元のゲートを発見しその中へ進入します
その先は開けた坑道の一部で中央にはフードを被った人物がいました。
その人物を見たその瞬間から主人公の頭の中にそいつを殺せ。そいつを殺せ。と繰り替えし響渡り、まるで呪いにかかってるかのようにその人物に襲いかかっていきます
しかし、主人公が襲いかかろうとした瞬間、その戦闘を止めさせようとしたグループが入ってきます
そのグループのリーダーは先の任務で一緒になった謎の放浪者シャネーラでした
主人公はそのグループのヒーラーによって呪いを解除されて冷静さを取り戻すことができました。
そして、フードを被った人物がフードをとります
そこにいたのはヴァルキオンの英雄 エルリオン・クベル でした
このあと、ヴェリカにもどってサマエルには討伐したと嘘を伝えます

文字だけの説明となりましたがあらすじはこんなところです
元々ブログに書く予定はなかったため、SSは撮っていませんでした(´・ω・`)
この内容もフレから教えてもらったものになります

今後はPSO2以外の記事も書いていこうと思います(`・ω・´)
【】←このかっこの中にゲーム名を記載するようにします
スポンサーサイト
TERA | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【PSO2】ネコの日 | ホーム | 【PSO2】ฅ(๑•̀ω•́๑)ฅダーカーはお断りニャウ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。